教育の大切さと国の体制

子どもの教育にかけるお金は親の収入に比例することがほとんどです。

親の収入に比例する教育格差

教育の大切さと国の体制 子どもの教育にかけるお金は親の収入に比例することがほとんどです。十分に収入がある家の子供は、大学まで進学するケースが多く、反対に経済的に厳しい家庭で育った子供は大学までは進学しないケースが多いです。収入が多くある家では、小学校や中学校から塾に通わせることも多く、高校や大学などの進路を選択する際にも選択肢が比較的多くあります。私立に進むということも可能なので、必然的にそうなりますよね。

経済的に厳しい家庭では、塾に通わせる余裕がない場合も多く、高校生になると家計を助けるために子供自らアルバイトを始める子も多くいます。もちろん、奨学金制度などを利用して大学まで進学するケースもありますが、全体的には少ない印象を受けます。子どもに学びたいという気持ちがあるのに、お金がないという理由で進学をあきらめざるをえない、それは親としてはとてもツライ状況ですよね。でも経済的にどうしても無理という家庭ももちろんあるでしょう。子どもは生まれてくる家庭を選ぶことができません。ですから、国としてもきちんと教育を支援する仕組みをもっと充実させるべきでしょう。

Copyright (C)2018教育の大切さと国の体制.All rights reserved.