教育の大切さと国の体制

インターナショナルな社会となった現代社会においては、日本人として国籍を所有しながらも、海外で駐在員として働く人も増えています。

帰国子女の教育のポイント

教育の大切さと国の体制 インターナショナルな社会となった現代社会においては、日本人として国籍を所有しながらも、海外で駐在員として働く人も増えています。それに伴い、子供が外国で生まれたというケースもあれば、小さい頃から海外で教育を受けていた為に、バイリンガルになるという子供も少なくありません。そんな場合には、そのままその国で育ち生活をしていく分には良いのですが、再び日本に帰国して日本人の社会の中で生活をする事になると、文化や言葉の壁が立ちはだかる事も否定できない事実です。

そこで大切になるのが、帰国をしてからその子がどのような大人になり、どのように生きていきたいのかという事を明確にし、教育を与えていくという事です。日本社会でやっていくのなら、国語力をしっかりと身に付けさせておかないと、日本語の問題がのしかかってくる事も出てくるからです。反対に、大きくなったら外国に戻ってやっていきたいという場合には、インターナショナルスクールなどに通わせて、現地の文化などに触れさせる事も大切です。

Copyright (C)2018教育の大切さと国の体制.All rights reserved.